悩んで学んで…まんをじして

なんでもない日常に感謝。すばらしい日々。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エネミー・オブ・アメリカ

今日で7月もおしまい。
とうとう明日から8月…。
ほんと…早い…

こうやってどんどん月日は経っていくんですねぇ…。。

さ…気にせず映画映画…。。


エネミー・オブ・アメリカ Enemy Of The State

enemyofamerica.jpeg


【あらすじ-outline】
 NSA(アメリカ国家安全保障局)の行政官レイノルズ(ジョン・ヴォイト)はアメリカ連邦議会ではテロ対策を名目にした「通信システムの保安とプライバシー法案」をさせるため、この法案の成立に反対していた大物下院議員ハマースリー(ジェイソン・ロバーズ)を事故死に見せかけるように殺害。レイノルズの思惑通りハマースリーの死は事故死として処理される。しかし…自然写真家のダニエル・ザビッツ(ジェイソン・リー)が渡り鳥の生態を観察するために仕掛けていたビデオカメラにたまたま殺害現場が撮影されていた。
 自分の計画の発覚を恐れたレイノルズは工作員にビデオテープの回収を指示。工作員に急襲されたザビッツはハマースリー殺害の映像を持って逃走する。逃走中に大学時代の友人で弁護士のディーン(ウィル・スミス)弁護士に出会う。ザビッツはその映像をディーンにこっそり託しふたたび逃走。その直後消防車にはねられて即死してしまう。

 ザビッツの所持品からは映像は出てこない。持っていたのはディーンの名刺のみ。レイノルズと工作員はディーンの社会的抹殺をもくろむ。マフィアとの癒着。不倫。クレジットカードが使用できなくなる。上司からの信頼の失墜。家庭の崩壊。そして監視も始める。ディーンの所持品のいたるところに取り付けられた発信機。盗聴器。衛星からの監視。ヘリによる監視。何も知らないディーンは突然降りかかった出来事を把握することは出来ないながら…自分が何かに巻き込まれたことを知る…。

【出演-cast】
・ウィル・スミス-Will Smith
・ジーン・ハックマン-Gene Hackman
・ジョン・ヴォイト-Jon Voight
・バリー・ペッパー-Barry Pepper
・リサ・ボネット-Lisa Bonet
・ジャック・ブラック-Jack Black

【制作-product staff】
監督
・トニー・スコット-Tony Scott
制作
・ジェリー・ブラッカイマー-Jerry Bruckheimer
脚本
・デヴィッド・マルコーニ-David Marconi


≪My Review≫
最初から最後まで…トニー・スコットらしいハラハラどきどき映画です。。
よくも悪くも…これぞハリウッド映画ていう感じ。。

NSAがディーンに仕掛ける監視技術は今ある技術を駆使すればきっと可能で…
もしかしたら自分の知らないところですでに監視されてたりして…
なんて思うとこわくなってみたり…。

今ある科学技術は戦争で急速に発展してるものも多いから…
悪用しようと思えばこうやって簡単にできてしまうんだろうし。

ウィル・スミスも…ジーン・ハックマンも…ジョン・ヴォイドも…。
どのキャストもハマってて…楽しいです。。
ユーモアもあるしね。。


エネミー・オブ・アメリカ 予告編



人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ   
↑ブログランキングにご協力をお願いします…↑
1日1回。あなたのクリックぽちぽちで…ひとりでも多くの人に読んでもらえたりします…。
読んでいただいた証に…ぜひよろしくお願いします。。
スポンサーサイト

| お気に入りBlu-rayの話 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

準備着々…

iphone_20110730220144.jpg

来週に決行されるあることの準備のためにドラッグストアへ…。。

普段まったく行かないから…売ってるもの全部がめずらしくて…
全部が必要なものに思えてきて…全部が欲しくなる…。


それにしても…すごい品ぞろえに驚き…。
いやー…びっくりびっくり…

だって…
日焼け止めだけで何十種類あるんだろ…てくらいあるし…。。
虫よけスプレーだって…
日焼けしたあとに塗るジェルだって…
つけるとひんやりしちゃうスプレーだって…
エトセトラ…エトセトラ…

なんだかいろいろ買ったので…あとはこの買ったいろいろが来週…
大活躍するのーをー待ーってーいるー♪ by奥田民生…


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ   
↑ブログランキングにご協力をお願いします…↑
1日1回。あなたのクリックぽちぽちで…ひとりでも多くの人に読んでもらえたりします…。
読んでいただいた証に…ぜひよろしくお願いします。。

| 今日の風景写真 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とっても貴重な3日間…

iphone_20110729215748.jpg

今日は…7月第5週の金曜日。
明日は…7月第5週の土曜日。。
あさっては…7月第5週の日曜日。。。

同じ月で第5週の金・土・日曜日があるのって…とてもめずらしいらしい。。
なんでも823年ぶりらしい。。
…という友人情報で
もちろんなんて裏付けとってませんけどね…



ちなみに823年前って…1188年…。
平安時代の末期ですよ…。
いいくに(1192)つくろう鎌倉幕府よりも前ですよ。。
昔すぎて…まっっっったくピンと来ないです…。。

でも…そんなこと聞いちゃったら…
とっても大切に過ごさないといけないかなぁ…と思ったり。。
ま…すぐに忘れちゃいそうですけど…


あ…


でももう…今日が終わっちゃう…。
ね…すでに今日も忘れてたし…



ちなみに…このカレンダーはディーラーが毎年くれる
MINIcooper(ミニクーパー)のカレンダー。。
いつもこれ見て癒されてるのです…。

ちなみに今月の写真は…これです…。

iphone_20110729215801.jpg

いつ見てもかわいい。。


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ   
↑ブログランキングにご協力をお願いします…↑
1日1回。あなたのクリックぽちぽちで…ひとりでも多くの人に読んでもらえたりします…。
読んでいただいた証に…ぜひよろしくお願いします。。

| 頭の中の話 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラム脱退だって…@チャットモンチー

突然ですけど…
これまで何回かブログの記事にも登場させてもらってる
チャットモンチーのドラム…高橋久美子さんが脱退すると発表がありました…。。

あまりにも突然で…びっくり…。
びっくりすぎて…言葉が出ないです…。。

チャットモンチー公式HPのトップにその全文が紹介されてますけど…
きっとこれって時期がきたら消されてしまいそうで…。
でも…このコメントは残しておきたいので…
ここに転載で残させていただきたいと思います…。


【ここからチャットモンチー公式HPより転載】

チャットモンチーをいつも応援してくださっている皆様へ

この度は、あまりに突然の報告になってしまい、チャットモンチーを応援してくださっている多くの方々を驚かせてしまったこと、本当に申し訳なく思っています。

今年の11月でデビュー6周年を迎えようとしている中、チャットモンチーのドラム高橋久美子は脱退することを決意し、私たちもそれを了承しました。

同じような田舎育ちの3人。一緒に上京し、毎日のように同じ時を過ごし、いつも互いのことをよく話し、似たような食べ物が好きで、しょっちゅう実家の話をしたりして。
たぶん皆さんの想像している通りかそれ以上、3人の絆は深いものでした。

それだけに、久美子の気持ちが少しずつ音楽から離れ、揺らいでいることに2人とも割と早くから気がついていました。

久美子から脱退したい旨を伝えられたのは実は今回が初めてではなかったので、当日はそれほど驚かなかったのを覚えています。(今までに身体的、体力的な理由等で脱退を考えていたことがありました)
ただ、本当に充実感のあるツアーを回っている真っただ中でのはっきりとした決意の告白に、正直戸惑いの色は隠せませんでした。

音楽的な部分だけでなく、仲間として、同志として、その存在を無くしたくなくて、どうにか再びバンドに興味を持ってくれないかという気持ちを伝えようとしました。また言葉だけでなく、一緒に音楽をやっていく楽しさや喜びをライブで感じてもらうこと。今回のツアーでそれができると確信していたし、久美子も実際感じてくれていたと思います。
そしてなにより、3人でやってきたことの歴史や繋がり、仲の良さで乗り切れる気がしていたんです。

でも、それが逆に久美子の重みになっていたのかもしれません。
やはり彼女は脱退を決意しました。

「3人で音を鳴らすのは好き。」
「だけどもう新しい曲は作れない。」

彼女らしい、単純明快な理由。バンドを続けて行く上で「新しいものを作れない」状況は、もはやバンドではない。そのことを一番よく分かっていたのも久美子でした。

久美子が決意したと同時に、私たち2人もチャットモンチーを続けることを決めました。

その理由もまた簡単。
まだまだ新しいものを作りたいし、できると思うからです。

ずっと変わらないものより、変わっていくからこそ魅力的でありたい。
ただ変わりたくないのは、音楽に誠実であること。

デビューから5年8ヶ月。
唯一無二のドラムと歌詞と、その愛されるキャラクターでたくさんの素晴らしい音楽を生んでくれた久美子に心から感謝しています。本当に本当にありがとう。


チャットモンチーはこれから2人になります。
この先増えるのか、そのままなのかは全然わかりません。
バンドって、いろいろあるのが普通なんですよね。
だからもう何があっても大丈夫でしょう。
その時その時の奇跡を、輝きを、体現するのがバンドだと思うから。

3人で作った曲はずっと本物です。
3人が作りたくて作った曲だから。
そのまま愛してやってください。

新しいチャットモンチーもさらにかっこ良くなる予定。
また、愛されたいと思います。

これからもチャットモンチーをどうぞよろしく!

追伸。
まだ三人でのライブはあります。お祭り好きの久美子にふさわしく、にぎやかに彼女を送り出してあげましょう!では、ライブ会場で。
チャットモンチー 橋本絵莉子 福岡晃子



いつも応援してくれているファンのみなさん、ツアーが終わって間もないのに、このような報告をすること、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私、高橋久美子は9月をもちましてチャットモンチーを脱退することになりました。
理由は、音楽に向かっていくパワーがなくなっているということです。それは、新しい音楽を生み出す上で致命的であり、えっちゃん、あっこちゃんと熱の差がある中で気持ちを偽りながら曲作りに向かうことは私にはできませんでした。
この感情は少し前から蕾のように私の中にあったものでしたが、春頃から、自分の生き方をより見つめ直すようになり、だんだんとその蕾が膨らんできてしまいました。

ツアーの後半から次の音源制作の話をしていく中で、二人の次に向かう勢いに真摯に向き合えないと感じ、抜けることを決意しました。
今年いっぱいは活動しようと思っていたのですが、みんなで話し合った結果、二人の今後を考え9月の地元徳島でのライブを最後に脱退することになりました。

徳島でチャットモンチーに出会い、加入して7年4ヶ月、デビューして5年8ヶ月、二人と、スタッフさん、そして多くのファンの皆さんに支えられながらこれまで楽しく、そしてさまざまな壁を乗り越えながら音楽活動を続けてきました。

その中で生まれてきた数々の愛すべき曲達、そして3人のトライアングルの中で鳴らされる音、3人が同じ時代に生まれ、それぞれの楽器を持ち、同じ夢を共有できたこと。すべてが、奇跡のようなものだったと、脱退を目前に改めて実感しています。

一つの季節が終わることは悲しいことだけれど、それは新しい世界との出会いでもあります。えっちゃん、あっこちゃんなら、絶対に新しいチャットを鳴らしていってくれるでしょう。
私が見てきた二人は、かわいらしいけれど、とても力強く、一途で、そして誰よりも、チャットモンチーが好きだからです。そんな二人と一緒に音を鳴らせたことを誇りに思っています。一人では絶対見えない景色をたくさん見させてくれました。本当にありがとう。これからも、こっそり見守っているからね。みなさん、チャットモンチーに変わらぬ応援をよろしくお願いします!

私は、というと、先のことはまだ決まっていませんが、きっと言葉を紡いで生きていくのだろうと思います。

どうかみなさんお元気で。またどこかでお会いしましょう。
あ、9月まではチャットモンチーですからね。
ライブ頑張ります!

尚、個人的に計画してきました詩と絵の展覧会「ヒトノユメin徳島」は予定通り開催しています。
また8月27日~9月11日までの「ヒトノユメin愛媛」も予定通り開催いたします。
悩みましたが、楽しみにしてくれているお客さん、また、一年間かけて協力してくださっている地元のみなさんに報いるためにも開催を決定したことをご理解いただけたら幸いです。
高橋久美子



この度、2011年9月をもちまして、チャットモンチーよりドラムの高橋久美子が脱退することになりました。
いつもチャットモンチーを応援してくださっているファンの皆様、ならびに関係者の皆様には感謝申し上げるとともに、突然のご報告になりました事を、深くお詫び申し上げます。
理由につきましては、メンバーが下記コメントで述べている事が全てであり、ご理解頂ければ幸いです。3人でのステージは、9月25日の日本武道館「テレビ朝日ドリームフェスティバル2011」、そして9月29日の徳島club GRINDHOUSEでのワンマンが最後となります。
尚、すでに発表しております11月からのZEPP4ヶ所における対バンツアーに関しては、新体制でのチャットモンチーとして予定通り行いたいと思っています。

今後とも、チャットモンチーと高橋久美子に変わらぬご声援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

2011年7月29日
チャットモンチー メンバー・スタッフ一同



【チャットモンチー関連記事】
耳鳴り@チャットモンチー(2011年07月25日記事)
バースデーケーキの上を…@チャットモンチー(2011年04月13日記事)
chatmonchy has come@チャットモンチー(2011年04月10日記事)

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ   
↑ブログランキングにご協力をお願いします…↑
1日1回。あなたのクリックぽちぽちで…ひとりでも多くの人に読んでもらえたりします…。
読んでいただいた証に…ぜひよろしくお願いします。。


| 音楽・映像・ライブの話 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お出かけ。。

曇天模様の空の下…
今日に限ってお出かけです…。。
最近ずっと晴れてたのに…



まず町田まで出かけてー…




新宿に出かけてー…


最後は…新百合ケ丘。。



しまった…。
居酒屋での写真しか撮ってなかった…。


今日お会いした方々…。
貴重な時間をありがとうございました。。


以上…帰りの電車内であげた記事でした。。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ   
↑ブログランキングにご協力をお願いします…↑
1日1回。あなたのクリックぽちぽちで…ひとりでも多くの人に読んでもらえたりします…。
読んでいただいた証に…ぜひよろしくお願いします。。

| 今日の風景写真 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

記憶を呼び起こす鍵…

今回もまた…その想いは突然湧き出てきました。。
ランチのために外に出て…事務所に戻ってる最中に…突然。。



「あ…髪切ろう…」



で…そのまま美容室へ…。

今回はちょっとだけ混んでて…それでもすんなり入れて…。
指名とか…そんなこだわりはなかったりするので…
あいてる人が入ってくれました…


毎回毎回思いつきで美容室に飛び込むから…したい髪型も別になくて…。
毎回なんて伝えたらいいかわからず…切りながら決めていくパターンばっかり。。

短めは短めなんですけど…そんな思いっきりじゃなくて…
でもやっぱり切るからには短い方が…
いや…横は?とか後ろは?とか言われてもイマイチわからないんですけど…
ま…とにかく切り始めちゃいましょうか…みたいなやりとりが毎回…



前回髪切ったときにも写真に収めながら…
あまりの生々しさに写真をあげなかったもの…。
今回は思い切ってあげてみようかと…。。


覚悟はいいですか…いいですかー?


では…いきますよ。。
はい。。





iphone_20110727172025.jpg


今回切った髪の毛です。。
ちなみに…右にあるのは大きさの目安のために一緒に撮った靴ですよ…


ね…ばっさり…。

髪切ってるときには何も言われなかったのに…
この写真撮るときに店員さんに…

「あー…前回もこれ撮りましたよねー…」

と…突然思い出したみたいでした。。
記憶を呼び起こす鍵って…こんな感じだったりするんですねー…

また忘れた頃に行くかもなので…その鍵を大切に持っててくださいね。。


【関連記事】
さわやかになる…ひととき。。(2011年02月07日記事)


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ   
↑ブログランキングにご協力をお願いします…↑
1日1回。あなたのクリックぽちぽちで…ひとりでも多くの人に読んでもらえたりします…。
読んでいただいた証に…ぜひよろしくお願いします。。

| 今日の風景写真 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PiCNiC

夜中に突然映画が観たくなって…。
でも…あんまり長いと寝る時間なくなっちゃうしー…。。
そう思って…上映時間が短いものを選んでみました。
それが…これ。。

PiCNiC
【1996年公開 日本ヘラルド映画配給 本編68分】

picnic.jpg

1996年度
第46回ベルリン国際映画祭

 ベルリン新聞記者賞受賞

第18回ヨコハマ映画祭
 主演男優賞(浅野忠信)受賞
 新人賞(CHARA)受賞


【あらすじ-outline】
 ある日…精神病院に入れられたココ(CHARA)はツムジ(浅野忠信)とサトル(橋爪浩一)出会う。ツムジとサトルが「探検」という遊びをしていたところにココがやってくる。「探検」とは精神病院の塀の上を歩いて少し先まで行ってみる遊び。ココもふたりについていくように塀の上に。ふたりは精神病院の塀が途切れるところまで行って引き返してくる中…ココは「塀はまだ続いてる」とその先にある隣りの塀に…。サトルが止める中、ツムジもそれについていく。

 塀の上を歩き続けたふたりがたどり着いたのは…教会。教会から聞こえてくる讃美歌に立ち止まると…中から牧師(鈴木慶一)が出てくる。牧師を前にツムジは「神様はいない。いつも地球の滅亡を祈ってるけど滅亡しない。」と言い…。それに対してココは「地球はあたしが産まれたときに出来たから…あたしが死ぬときに滅亡する…。」と言う。そんな言い争いをしているふたりに牧師は聖書を手渡す。

 精神病院に戻ったツムジは聖書を食い入るように読み「神様は存在する。地球は滅亡する…。信じる者は救われる。だからおれは救われる。お前らはダメだ…。」と言う。ココとサトルに地球滅亡の日はいつなのか…執拗に聞かれたツムジは聖書にたまたま書かれていた日付を伝える。

地球滅亡の日…。地球最後をちゃんと見るために3人は「探検」の先にある塀の上を歩き始める。。

【出演-cast】
・CHARA(チャラ)
・浅野忠信
・橋爪浩一
・鈴木慶一

【制作-product staff】
監督・脚本
・岩井俊二

≪My Review≫
岩井俊二の描く…独特の世界観というか…恋愛観というか…
そんなものが表現された映画だと思います。。

精神病院っていう閉鎖的な空間から…無限に広がる自由な世界に足を踏み入れる3人。
無限に広がる世界のはずなのに塀の上じゃないといけない…。
自分の今ある環境を変えようと勇気を出してみても…
結局はそんなに変わらない…。
ちょっと遠くに行く「探検」くらいのことしかしてないのかもしれないですねぇ…。

登場人物は…とにかく純粋。。
純粋すぎて…観ているこっちが切なくなったり…苦しくなったり…。

映画としては…抑揚もなくて…音楽も単調で…泣かせどころもなくて…。
ほんとに…ただ淡々と流れていく映画です。。
個人的には…心に残るシーンとか…言葉とか…が多いと思ってますけど
観る人によってはただの退屈映画になっちゃうのかもね…。。


余談ですけど…
この作品で出会った浅野忠信とCHARAは1995年に結婚してたり…。
橋爪浩一は1999年にバイク事故で亡くなってたり…。
違った意味でも…いろいろな思いで観ることが出来る映画だったりします。。


PiCNiC ワンシーン



人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ   
↑ブログランキングにご協力をお願いします…↑
1日1回。あなたのクリックぽちぽちで…ひとりでも多くの人に読んでもらえたりします…。
読んでいただいた証に…ぜひよろしくお願いします。。

| お気に入りBlu-rayの話 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。